ベビーシッターになる方法

main-img

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、女性の社会進出など働き方の変化から、昨今はベビーシッターの需要が高まっています。



そんなベビーシッターになる方法ですが、保育士や幼稚園教諭と違って、特定の専門学校や大学などで必要過程を学び、専門資格を取得する必要がないため、極端なことをいえば自分がベビーシッターを名乗れば、それで仕事をすることは可能です。

いろいろな毎日新聞の特徴を紹介するサイトです。

ただし、自分の身になって考えてみれば分かると思いますが、なんの資格もない人に赤ちゃんや子供を預けたいと思う方は少ないため、実際にはただそう名乗るだけでは仕事に繋げることは難しいといえます。



実際の現場でもベビーシッターとして働いている方は元保育士や幼稚園教諭というような専門資格を持った方や、全国保育サービス協会が制定するシッターの民間資格の認定ベビーシッター資格を取得している人など、シッターに必要な知識や経験を持った方が多くなっています。

ですので、保育士や幼稚園教諭の資格取得とまではいかなくても、民間資格の取得は目指した方がよいといえます。

民間資格を取得するメリットは、資格取得後にシッター会社などの就職先を紹介してもらうことができるという点にもあります。
シッターの働き方にはネットなどを活用して個人で依頼者を探すという方法もありますが、この場合、仕事として続けるために経験や人脈がモノをいうため、最初はシッター会社に就職をして経験を積んだ方がよいといえるのです。

納得の情報

subpage1

仕事などで育児に手が回らなくなりそうな時に、自治体のサポートなどでベビーシッターを探す人も少なくありませんが、来てもらうシッターを選ぶことができなくて、当日にならないとどのような人が来るのかは分からないことも多いです。事前に来て欲しいシッターの人を希望する方法として、マッチングサイトを利用するのも手で、マッチングサイトでは、来て欲しいシッターを選ぶことができるので、どのような人がシッターとしてくるのか当日まで不安になる事態を避けることができます。...

more

ためになる情報

subpage2

夫婦共働きの世帯が増加し、それに伴い日本でも最近アメリカの様にベビーシッターを依頼する人が増えてきていると言います。ベビーシッターとは、6か月くらいの赤ちゃんから小学校6年生くらいまでの子供の面倒やお世話をする人のことを言いますが、求人も徐々に増えているようです。...

more

対策方法

subpage3

ベビーシッターにも資格試験があります。この資格試験は、仕事をするうえで必要とされる専門知識や技術、そして高い職業規範をもっていることを第三者に証明できるように創設されたものです。...

more

読めば解る

subpage4

一般的に、ベビーシッター派遣事業者では、営業時間を基本時間と早朝時間、夜間時間の3つに区分しています。それだけの時間帯によって、利用料金が変わるシステムです。...

more