ベビーシッターの能力を証明する資格認定

ベビーシッターにも資格試験があります。
この資格試験は、仕事をするうえで必要とされる専門知識や技術、そして高い職業規範をもっていることを第三者に証明できるように創設されたものです。
国家資格とは違って、公益法人が主催している認定・検定試験に該当します。


ベビーシッターとして現在働いている人や過去に働いた経験のある人がこの試験を受験しています。この資格認定試験に合格することで、就職が有利になることが考えられるとともに、保護者から信頼を得られるようになることが期待できます。また、資格認定試験の受験勉強をすることが、保育についての基礎知識をおさらいすることにもなり、最近の保育についてのトピックや法律の改正点についても知識をリフレッシュできるという副次効果もあります。
ベビーシッターの資格認定試験は、年に一回、全国の数カ所で行われています。
実施場所は年によって変更されることがあるため、試験の実施要項が発表されたときに確認しておくことが必要です。
受験資格は年齢が満18歳以上であり、規定の研修を前もって受講している人に限られます。

目的に応じたエキサイトニュースの情報もあります。

また、ベビーシッターとしての実務経験も必要となります。



この場合の実務経験とは、ベビーシッター派遣事業者や地方自治体が行っている保育ママ事業所での勤務経験を意味しており、個人的に親戚の子供の世話をしたことがあるという程度では実務経験があると認めてもらえないので要注意です。

試験は筆記試験のみが行われ、実技試験は行われていません。



試験に合格すると登録証が発行されます。